プチ・ホームページサービス

サポート

皆様からお寄せいただいたご質問とその回答です

WordPress:3.外部画像の置き換え

【 ご注意ください 】

「投稿データのインポート」「レイアウト再現用CSSの追加」までの対応が終わった段階では、移行先のサービスで表示される投稿画像は、プチのサーバーから読み込まれています。

そのためこのままですと、ホームページが非表示となったり、プチのサービスが終了した後
画像が表示されなくなってしまいます。

以下の対応をおこなう事で、投稿画像がWordPressの「メディア」領域に保存され
画像が非表示になるのを避ける事ができます。

1.プラグイン画面を開きます

メニューの「プラグイン」から「新規追加」を選択します。

2.外部画像置き換え用のプラグインをインストールします

キーワード「External image replace」でプラグインを検索し
表示された External image replaceプラグインの「今すぐインストール」ボタンをクリックします。

インストールが完了した後、「有効化」ボタンを押します。

3.外部画像置き換えを実行します

メニューの「ツール」から「外部画像置き換え」を選択します。

置き換えをおこなう記事を選択した後「置き換え」ボタンをクリックします。

【 ご注意ください 】

置き換えをおこなう記事が多数ある場合は、いちどにすべての記事に対して実行せず複数回に分けてご対応ください。

4.置き換え完了

「処理が完了しました」のメッセージが表示されたら完了です。

【 ご注意ください 】

いちどに実行可能な記事件数は「999件」です。1,000件以上の記事をインポート済みの場合は、最初の画像置き換えが完了した後「再検索」ボタンを押してください。

置き換え処理でエラーが発生した場合は、記事に含まれる画像がリンク切れなどになっている可能性があります。
記事の編集画面で、画像のアドレスをご確認ください。

5.置き換え後の画像確認

置き換えを実行した画像は、メニューの「メディア」から「ライブラリ」を選択すると確認できます。